サイトマップ 環境への取り組み お問い合わせ





Top>環境への取り組み

環境への取り組み

澤村電気工業株式会社では、2005年10月に環境マネジメントシステム(ISO14001:2004)を認証登録し、
製品のRoHS指令対策や環境負荷物質使用の抑制と管理を始めとした、様々な環境改善活動を実施しています。

1.環境方針
2.製品の環境対応について
3.適用範囲


1.環境方針

PDF 版(PDFファイル 環境方針

《基本理念》

 顧客重視を経営の柱とし、性能、安全、寿命、省エネルギー、サービスの面で顧客の信用・信頼を得る


《環境方針》

 澤村電気工業株式会社は、小型DCモータ/ドライバ及びブラシレスモータメーカとして、人と環境にやさしい技術を開発し、社会に貢献します。
本環境方針達成の為、私達一人一人が行動と知恵が結集できる仕組み作りを行い、日常業務との一体化を図りながら、環境マネジメントシステムを運営していきます。
開発、製造、販売のすべての企業活動において、地球環境に配慮し健全な人と環境を未来に引き継ぐために環境保全活動に取り組みます。電力の省エネや改善提案制度は運用項目として引き続き活動を続けています。

  1. 法規制等の遵守
    環境に関する法律、規制および当社が同意したその他の要求事項を遵守するとともに、必要に応じて自主的な管理基準を策定し環境保全に努めます。
  2. 製品
    製品の企画・設計段階より、省資源・省エネルギー及びクリーン化を推進します。
    (1) 製品の省資源化の推進
    (2) 省エネルギーの推進
    (3) 環境負荷物質の使用の抑制
  3. 汚染の予防、継続可能な資源の利用、気候変動の緩和、生物多様性・生態系保護
    事業活動における環境に与える影響を調査・評価し、環境負荷となっている主要な要因を適切に管理し汚染を予防し、継続可能な資源の利用、気候変動の緩和、生物多様性・生態系保護、環境負荷物質の使用と排出の抑制に努めます。
  4. 継続的改善
    技術的・経済的に可能な達成すべき環境目的・目標を定め、定期的に見直し、継続的改善に努めます。環境負荷物質の使用を可能な限り低減または削減します。
  5. 教育・啓発活動の実施
    環境方針を全従業員が理解し行動できるよう環境への意識向上をはかるため、教育及び啓発活動を行います。
  6. 周知徹底
    環境方針は社内外に公表します。
制定 2005年3月10日
改定 2017年9月1日
澤村電気工業株式会社
代表取締役社長 澤村宏一

2.製品の環境対応について

澤村電気工業株式会社では、環境方針に取り上げられている『環境負荷物質の使用の抑制』に対し具体的に下記の活動を行なっています。

(1). 製品のRoHS指令対応
当社の標準品のモータおよびギヤヘッドについては、2006年7月に適用された欧州の 『電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限指令』(RoHS指令)に対応して、鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・臭素系難燃材(PBE, PBDE)の使用を制限した製品の供給を開始しています。

(2). グリーン調達ガイドラインの発行
上記RoHS指令で取り上げられたものを含め、当社で指定した化学物質について、その使用の禁止、使用の制限、使用の削減、数量の管理等を調達先と取り決めるべく、グリーン調達ガイドラインを発行しております。

(3). 紛争鉱物への対応
コンゴ民主共和国及びその隣接国から産出される「タンタル、錫、金、タングステン」が武装勢力の資金源になっているとして「紛争鉱物」と呼ばれています。当社では、仕入れ先に紛争鉱物の精錬業者の特定を依頼するとともに、 お客様からの要求に応じてEICC/GeSIテンプレートを用いて紛争鉱物の精錬業者の情報を提供します。



3.適用範囲

(1). 適用される事業所(認証範囲)
組織における適用対象の事業所数は1であり、詳細は以下に示す
営業所・工場:〒224-0054 神奈川県横浜市都筑区佐江戸町181番地

(2). 適用される事業内容
小型DCマグネットモータ、ブラシレスモータ及びモータドライバの開発、製造、販売

(3). 組織のEMS適用範囲
組織の全要員と組織の製品に関係するサプライヤ(供給者)及びユーザ(顧客)の機能またはプロセス
サプライヤ及びユーザなど利害関係者の組織はEMSの適用範囲の外にある

(4). ISO規格の適用範囲
箇条1〜10までの全ての規格及び付属書A、付属書B





Copyright© 2012 SAWAMURA DENKI IND. CO.,LTD All Rights Reserved